ブログ

【婚活】好きな人でなくてもイイ理由を考える【恋活】

赤い糸がイコール好き同士って訳でもない…
【婚活】好きな人でなくてもイイ理由を考える【恋活】
 
こんばんは
 
博多の結婚相談所
 
YNG結婚相談所 栁田です
 
今日は【好きな人じゃなくてもイイから付き合ってみたら?】【結婚もアリだよ】という話です。
 
昭和という年号がありました、その頃はお見合い結婚が盛んでしてね。
 
私達のような仲人で「お見合いおばさん」というのがいて、
 
今よりシャイな男女の間を取り持っていたのです
 
お見合いは今も昔も変わりません
 
写真を見せて【どうよ?】と聞く訳です
 
2言目は【会ってみるだけ会ってみたら?】
 
今も昔もセリフは同じ。だって会ってみないと分からないのは不変の法則だから。
 
でも、会った所でパッとしません、それも変わらない。
 
第一、異性とひざを突き合わせる事自体が恥ずかしいと思う時代ですからね
 
顔もまともに見なかったのかもしれません
 
おばさんは言うのです「あら~お似合いじゃないの。一緒になっちゃえば?」
 
そんな感じでお見合い結婚は成立。
 
していたのですよ。ほんとに。
 
私の母がそうでした。
 
で、母は言うのです「だんだん好きになっていった。一生懸命働いてくれる背中を見てたら惚れるものだ」と。
 
 
夫が死んだらその弟が面倒を見る時代
 
戦争や事故などで夫が亡くなった時は
 
その弟が面倒を見た時代がありました
 
勿論独身だったら、の話です。
 
凄い、兄の嫁を弟が娶るのですから
 
女1人が生活出来ない時代はそんな結婚もありました
 
前の話との共通点は「最初は好きじゃなかった」という事
 
それがまかり通っていたという事を良く考えてみて欲しいのです
 
離婚率も今より低い時代で、好きでもないのに長く一緒に居られると思います?
 
やっぱりそこに「何かが2人の中に生まれた」証拠なんじゃないでしょうか。
 
だから添い遂げられるのですよ。
 
お見合い結婚は大方「後からキタ-」なのですよね
 
 



兎に角デートしてみよう!
 
好意って何なのか、よく考えてみた方がいいです
 
「好きになること」が分からなくなった人達は
 
好きにならないといけないみたいな軽い強迫観念があるように見える
 
だから男前とか清潔感とか学歴とか自分のツボを探しまくる事をする
 
 
 
一目ぼれが「好きになる」ことではないと思うし
 
ある一定期間の関わりの中で出来る化学反応から「好き」が生まれるんじゃない?
 
上手く結合出来たら、それは本当の「好き」に変化するし
 
いい化学式じゃないなって気付いたら、交際止めたらいいだけだし
 
お見合いをジャンジャンしてとりあえずデートしてみないとね、わからないよ
 
 
 
昔の人達は頭が良かった
 
好きになるのが前か後かだけの問題だって事を知っていたんだなぁ
 
だからとりあえず会わせてみるって事をしてたんだね
 
そういうとこ、現代の独身は学んだ方がいい。
 
 
あぁ、モテる人の多くは「とりあえずデートしてる」ね
 
そこから取捨選択してる
 
そういう事を「頭が良い」と思うか「節操がない」と思うか分かれるけど
 
 
 
とりあえずデートしてた方はどんどん腕が上がる!
 
好きな人とじゃないとダメ!って人はスキルが乏しい
 
大人になって付き合ってもツマラナイ人に成り下がる
 
自分を知らない間に貶めてしまっている
 
だから「好き」にこだわってると後々大怪我する訳で
 
好きにならないといけないって事は考え改めた方が良いと思ってます
 
 
考えてもムダ。まず会うこと
 
 
結婚するかどうかは本人が決める事だけど
 
仲人の私がどうして仲人をするかというと
 
結婚がムダならこんな事しない訳で
 
結婚が人間の成長に関係があると思っているし
 
1人で生きるには、辛い時代がやってくるし
 
私は私と知り合った人全てが幸せになって欲しいと思っているので
 
仲人の立場から「幸せになる形」を提案し続けるし
 
結婚したいのではなく、単なる婚活がしたいだけなら
 
それはゲームとして純粋に楽しんで欲しいと思う
 
全然悪い事ではない
 
それは結婚相手が必ず「好き」じゃなきゃダメじゃないって事と同じで
 
後からイイ結果がふいに出てきたりするし、何もしないで腐っていくより
 
ずっと良い傾向だから。
 
世の中の事は前か後かで話はつく
 
だからイイのよ、好きにならなくても。
 
いずれ好きになっちゃうんだと思う
 
 
 
深夜はつれづれぐさ…
 
 

友だち追加

 LINE@始めました