ブログ

【仲人放談】風俗・女性蔑視について考えてみた。

女に奉仕させるのは当たり前?
 
 

時代は新型コロナ禍であります。皆さんご無事ですか?

幸運なことで、私にも私の周囲にも新型コロナに罹患した人はいません。

3密を避け、手洗い、うがい、免疫力を上げる為の規則正しい生活をしていれば避けられるそうですが実際は良く分かっていません。

罹患しないぞ!という情熱を胸に毎日気を抜かず仕事も頑張っておる次第です。

 

最近話題になった岡村隆史さんの発言が女性蔑視(ミソジミー)であるとやんや言われておりますが、あれは基本的に違うと感じています。

モテない時代が長いから誰でも「女性嫌い」になる訳ではないし、そもそも岡村さんはモテない男性でしょうか?

違いますよね。

3つ理由があると思っていて、①岡村さんの周囲には物質的な欲望をお持ちの女性が集まってしまう。②本人に性癖があった。③堕落した方が楽だから

特異な理想像があったようですからねぇ(-_-;)

基本的に、お金出して通う所は現実世界と乖離があります。中には女性蔑視に傾倒することもあるかもしれません。

お金出したのに愛想が悪かったとかね

岡村さんの場合は性依存の傾向が強いと思われます。

夜のラジオ番組でその手の話をされるそうですが、リスナー向けのリップサービスとは言い難い傾向も感じられます。

 

さて、現実世界で誰が無料で奉仕してくれるかな?と考えてみてください。

いる?いないよな…となるでしょ?

何処にも存在しないはずなのですよ。

女性から奉仕を受ける相手は赤ん坊や幼子だけです。そこは忘れてはいけません。

 

女性と男性は同権です。

性質の違う者同士が助け合って生きていくのが現代です。

誰かに奉仕させる為に結婚させるわけでもないし、所有したいから恋愛する訳でもないんですよ。

 

現実世界で魅力を磨くたゆまぬ努力をしていれば、風俗とも縁がなくなります。

それとこれとは別問題、という男性もいますが。

 

手を抜いてはダメなんですよね。

現実世界はやっぱり厳しいですから。

 

コツコツが必要です。貯金と人間的魅力を培うには時間がかかるんです。